ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

税に関する届出について

2020年2月18日

個人市民税・県民税関係

届出書等提出する主な事由
1

令和2年度申告用

令和元年中(平成31年1月~令和元年12月)の収入、所得を記入します。

 

令和2年度 市民税・県民税申告書 (PDF形式:307KB)

令和2年度 市民税・県民税申告書の手引き (PDF形式:663KB)

 

※上場株式等の配当所得等の課税方式を選択される方はこちら

令和2年度 市県民税申告書(課税方式選択)(PDF形式:311KB)

令和2年度 市民税・県民税申告書(課税方式選択) 記入例 (PDF形式:340KB) 

平成31年度申告用

平成30年中(1月~12月)の収入、所得を申告します。

平成31年度 市民税・県民税申告書 (PDF形式:305KB)

平成31年度 市民税・県民税申告書の手引き (PDF形式:670KB)

 

市民税・県民税の申告をするとき
※詳しくは、市民税・県民税申告の手引きまたは記入例をご覧ください。
2 特別徴収切替依頼書様式 (PDF形式:251KB)(251KB) 特別徴収義務者が納税者の就職等で新たに給与から市民税・県民税を徴収するとき
3

特別徴収異動届出書様式(手書き市提出用)(PDF形式:925KB)

特別徴収異動届出書様式(手書き控用)(PDF形式:925KB)

特別徴収義務者が納税者の退職・転勤等で給与から市民税・県民税を徴収しなくなったとき

4

特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書様式 (PDF形式:411KB)

特別徴収義務者の所在地・名称等に変更があったとき
5

納期の特例(承認・取消)申請書様式 (PDF形式:597KB)

給与の支払を受ける人員が常時10人未満で納期の特例を受けるとき
6

退職所得の明細書様式 (PDF形式:503KB)

退職手当等より市民税・県民税の所得割を徴収したとき

1 市民税・県民税申告書

市民税・県民税申告書の提出が必要な方

  • 令和元年中(平成31年1月~令和元年12月)に事業、不動産、農業、雑所得(年金以外)などの所得があった方(確定申告をする方を除く)
  • 令和元年中の収入が給与のみの方(勤務先から給与支払報告書が市へ提出される方を除く)
  • 令和元年中の収入が年金のみで、社会保険料控除・医療費控除などを追加する方
  • 令和元年中に収入がなく、生計を一にする親族の税法上の扶養親族になっていない方
  • 令和元年中の収入が非課税収入(遺族年金、障害年金、失業給付など)のみの方

 

※国民健康保険に加入している方へ

 国民健康保険税額を正しく算定するため、世帯主又は加入者の方で、上記「市民税・県民税申告書の提出が必要な方」に該当する場合は申告をしてください。

 なお、昨年中(平成31年1月~令和元年12月)に収入がなかった場合や扶養親族になっていた場合も申告が必要です。

年金受給者の方の申告フローチャート(PDF形式:86KB)

2 特別徴収切替依頼書

納税者の就職等で新たに給与から市民税・県民税を徴収する場合は、この依頼書を提出してください。

(注)記入のとき、特に注意していただきたいこと

  1. 特別徴収義務者番号を必ず記入してください。(新規の場合を除く)
  2. 何月分からの特別徴収か必ず記入してください。
    (注)ただし納税通知書の納期限が過ぎている分については、特別徴収にすることはできません。
  3. 「普通徴収の年税額」「納付済税額」「通知書番号」については、納税通知書で確認のうえ記載してください。

3 特別徴収異動届出書

納税者の退職・転勤等で給与から市民税・県民税を徴収しなくなった場合は、この届出書を提出してください。
(注)記入のとき、特に注意していただきたいこと

  1. 特別徴収義務者番号を必ず記入してください。
  2. 個人番号を必ず記入してください。
  3. (ア)「特別徴収税額」は、納税者の6月から翌年5月までの1年間の税額(更正のあった方は、更正後の額)を記入してください。
    (イ)徴収済税額は、貴事業所で徴収された税額とその月分を正確に記入してください。
    (ウ)未徴収税額は、年税額(ア)から徴収済税額(イ)を差し引いた残りの税額と残りの月分を記入してください。
  4. 一括徴収の場合は、徴収予定額と納入する月分を必ず記入してください。また、翌年1月1日以降の退職者については、納税者の申出の有無にかかわらず、一括徴収していただくことになっています。(地方税法第321条の5第2項)
  5. 異動年月日は必ず記入し、異動の事由及び異動後の未徴収税額の徴収方法は、該当するものに必ず○印をつけてください。
  6. 転勤・転職の場合には、新しい事業所の所在地、名称、連絡先及び月割額とその徴収を開始する月分を必ず記入してください。

4 特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書

特別徴収義務者の所在地・名称等に変更がある場合は、この届出書を提出してください。

5 納期の特例申請書

給与の支払を受ける人員が常時10人未満で納期の特例(承認・取消)を受ける場合は、この届出書を提出してください。

6 退職所得の明細書

退職手当等より市民税・県民税の所得割を徴収した場合は、この明細書を提出してください。
(注)税額の計算は、「退職所得に対する住民税の特別徴収の手引き」により計算してください。
(退職所得に対する住民税の特別徴収の手引きが必要な場合は、税務課までお申し出ください。)

軽自動車税関係

こちらの申告書などの書類はすべて A4サイズで印刷されます。

登録・名義変更の手続きについて、郵送での受付はしておりません。代理人の申告も可能ですので、直接窓口までお越しください。

法人市民税関係

こちらの届出書などの書類はすべて A4サイズで印刷されます。

固定資産税・都市計画税関係

固定資産税などに関する 主な届出書様式 はこちらからリンクしています。

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

税務課
電話:0562-33-3151
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する