ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

新型コロナウイルス感染症に伴う市民の皆様への支援について

2021年5月28日

 新型コロナウイルス感染症に伴う市民の皆様への支援を案内します。

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、ひとり親の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、対象児童1人につき5万円を特別給付金として支給します。

 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

 お問合せ:子ども若者支援課 0562-36-2656

国民健康保険税の減免

 国民健康保険の被保険者のうち、新型コロナウイルス感染症の影響により、給与収入等の減収が見込まれる場合などに減免を受けられる場合があります。

 新型コロナウイルス感染症の影響による減免について

 お問合せ:税務課 0562-36-2634

住宅を失った方へ市営住宅を提供

 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響に伴い解雇等され、住まいの確保が困難となった方へ市営住宅を提供します。

 住宅を失った方へ市営住宅を提供します

 お問合せ:都市計画課 0562-36-2669

国民健康保険の傷病手当金の支給

 国民健康保険の被保険者のうち、新型コロナウィルス感染症に感染するなどした被用者の方を対象に、傷病手当金を支給します。

 国民健康保険の傷病手当金の支給について

 お問合せ:保険医療課 0562-36-2653

相談窓口と感染症患者・濃厚接触者等に対する緊急時の生活支援

 新型コロナウイルス感染症に係るご相談・お問合せ、また、新型コロナウイルスに感染された方と、濃厚接触者等に対して、自宅待機を求められた期間中に、市職員が行う生活支援につきましては、健康推進課(保健センター内)までご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症者・濃厚接触者等に対する緊急時の生活支援します(PDF形式:123KB)

受付時間:午前9時から午後5時(平日のみ)

電話番号:0562-54-1300

受付が終了しているもの

臨時特別定額給付金

 国において実施した特別定額給付金給付事業の対象でありながら、申請前に亡くなり、かつ、単身世帯であったために特別定額給付金を受給できなかった方について、単身でない世帯との不公平感を是正することを目的に、知多市臨時特別定額給付金を給付します。

 ※受付は、終了しました。

 臨時特別定額給付金

 お問合せ:総務課 0562-36-2630

特別定額給付金

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されます。

 ※受付は、終了しました。

 特別定額給付金について

 お問合せ:総務課 0562-36-2630

固定資産税・都市計画税の特例

 事業収入が減少した中小事業者等が所有する事業用家屋及び償却資産の固定資産税・都市計画税について、令和3年度課税分に限り、事業収入の減少割合に応じて課税標準の特例を適用します。

 ※受付は、終了しました。

 固定資産税・都市計画税について

 お問合せ:税務課 0562-36-2636

水道の基本料金減免

 学校の休業や在宅勤務に伴い自宅での滞在時間が長くなっている市民生活への支援として水道の基本料金を、6か月分(7月検針、9月検針、11月検針分)減免します。

 ※減免は終了しました。

 水道料金の基本料金減免

 お問合せ:水道課 0562-36-2677

新生児臨時特別給付金

 新型コロナウイルス感染症に不安を抱えながら新生児の誕生を迎えた保護者を支援するため、2年4月28日から3年4月1日までの間に出生した児童に対して、臨時特別給付金(1人あたり10万円)を給付します。

 ※受付は、終了しました。

 新生児臨時特別給付金

 お問合せ:子ども若者支援課 0562-36-2656

納税が困難な方のための徴収猶予の「特例制度」

 新型コロナウイルスの影響により事業等にかかる収入に相当の減少があった方は、最長1年間、無担保かつ延滞金なしで市税の徴収の猶予を受けることができます。

 ※受付は終了しました。

 お問合せ:収納課 0562-36-2637

関連情報

新型コロナウイルス感染症対策協力金をはじめとした企業様向けの支援について

お問い合わせ

秘書広報課
電話:0562-36-2642
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する