ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

飲食店や食品工場などでガス機器を使われている皆様へ

2020年9月18日

食品工場及び業務用厨房施設等における一酸化炭素中毒事故の防止について

 近年、食品工場及び業務用厨房設備等において都市ガス及び液化石油ガスの消費設備による一酸化炭素中毒事故が発生して

います。事故原因の多くは、機器の経年劣化や換気が不十分なため、消費設備が不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒が発生

したものです。一酸化炭素中毒事故が発生した場合、多くの人を巻き込み、甚大な被害を及ぼす可能性があることから、換気、

点検、手入れ、業務用換気警報器を設置する等の対策をしてください。

 

注意するポイント

 ガスが正常に燃えるためには、酸素をたくさん含んでいる新鮮な空気が必要です。ガス機器を使っているときに酸素が

足りなくなると燃焼が不完全になり、人体に有毒な一酸化炭素(CO)が発生して中毒になる恐れがあります。一酸化炭素

中毒事故を防ぐためのポイントを毎日チェックしてください。

 

・ガス機器を使うときは、必ず換気(給気と排気)をする!

・ガス機器や換気設備はきれいに清掃し、定期的に点検をする!

・万が一にそなえて、厨房や工場に一酸化炭素警報器の取り付けをする!

 

※詳しくはこちらをご参考ください。

食品工場及び業務用厨房施設等における一酸化炭素中毒事故の防止について(PDF形式:3MB)

 

 

 

お問い合わせ

予防課
電話:0562-56-0147
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する