ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

ブロック塀の安全対策

2020年4月1日

ブロック塀等は、最も単純な自立構造物であるため、一か所の破壊が全体の崩壊につながる危険性を持っています。震災時における生命の安全確保、避難路の確保等のため、塀の道路側への転倒を防ぎ、被害を最小限に食い止める転倒防止対策が重要です。

なお、市では道路境界沿いにある高さ1m以上のブロック塀等を撤去する場合、補助金を交付しています。詳しくはこちらをご覧ください。

ブロック塀の仕組み

ブロック塀の仕組み 

現行の耐震基準

ブロック塀の基準
ブロック塀が瞬時に倒れないための最低基準は建築基準法に定められています。さらに、日本建築学会では、建築基準法を補足するものとして「コンクリートブロック塀設計基準」を制定しています。

塀厚と高さ

ブロックの厚さ塀の高さ
15センチメートル以上 2.2メートル以下
12センチメートル以上、もしくは10センチメートル以上 (注1)

2.0メートル以下

(注1):建築基準法による。

 たて筋間隔

空洞ブロック

化粧ブロック
たて筋間隔ブロック長さたて筋間隔

40センチメートル以下

(但し、高さ160センチメートル以下の場合は80センチメートル以下)

40センチメートル以下

50センチメートル以下
60センチメートル以下

60センチメートル以下
90センチメートル以下 45センチメートル以下

 

 配筋例

改修方法の例

基礎の改善例

 塀の高さの改善例

 控壁の改善例

 鉄骨による支え例

 塀の傾き、ひび割れのあるものなどの例

このページのトップに戻る

ブロック塀の自己点検

みなさんの周りにあるブロック塀は、見かけはしっかりしていても安全性にかけるものがたくさんあります。危険なブロック塀をなくすよう、ブロック塀の自己点検を行いましょう。

ブロック塀の点検表

関連ワード

お問い合わせ

都市計画課
建築チーム
電話:0562-36-2669
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する