ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

下水道使用料の算定方法

2019年9月5日

下水道使用料は、家庭や事業所などから出る汚水をきれいにしたり、下水道施設を維持管理するための経費に充てられています。
みなさまのご理解とご協力をお願いします。

下水道使用料の算定方法

下水道使用料は、水道の使用水量を汚水排出量とし、算出しています。(水道水以外の水を利用している場合は、別記のとおり算定します)
基本使用料及び従量使用料は以下のとおりです。

下水道使用料単価表(2か月当たり・消費税抜き)

下水道使用料単価表
基本使用料 従量使用料
汚水排出量 1㎥当たり金額
760円

20㎥までの分

53円
20㎥を超えて40㎥までの分 111円
40㎥を超えて80㎥までの分 121円
80㎥を超えて200㎥までの分 131円
200㎥を超える分 141円

(注)基本使用料と従量使用料との合計金額に消費税及び地方消費税を加算した金額をお支払いいただきます。
  (1円未満の端数は切り捨てます。)

(注)消費税及び地方消費税の税率は、令和元年12月分に係る下水道使用料から10%を適用しています。

(注)下水道使用料は通常2か月ごとに水道料金と一緒に請求させていただきます。

2か月分の下水道使用料早見表はこちら(0~201

使用料の計算例

2か月で40の水道水を使用した場合、下水道使用料は次のとおりです。

【計算例】

・基本使用料 760円

・従量使用料
(1~20㎥区分) 53円×20㎥=  1,060円 
(21~40㎥区分) 111円×20㎥= 2,220円
従量使用料合計 3,280円

・下水道使用料

(760円+3,280円)×1.1=4,444円

(注)1円未満の端数は切り捨てます。

水道水以外の水(井戸水)利用時の汚水排出量の算定方法

水道水以外の水(井戸水)を利用している場合の汚水排出量の算定方法については、以下のとおりです。

・水道水を利用していない場合
1月あたり5×世帯人数

・水道水と井戸水を併用している場合
水道水使用水量+1月あたり2×世帯人数

詳しくは下水道課(南部浄化センター内)までお問い合わせください。

下水道課(南部浄化センター内)ホームページへ戻る

お問い合わせ

下水道課(南部浄化センター内)
電話:0562-55-9591
ファクシミリ:0562-55-9222
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する

質問する