ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

高齢者のインフルエンザ予防接種(定期接種)

2021年9月15日

65歳以上等の方を対象に、インフルエンザ予防接種を実施します。対象者には、10月初旬に個別通知(予診票を送付)します。

インフルエンザの予防接種は、接種を受ける法律上の義務はなく、自らの意思で接種を希望する方のみに行うものです。案内文をよく読み、ご理解いただいたうえで医療機関に申し込んでください。

対象者

 1.市内に居住する65歳以上の方

 2.市内に居住する60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器及び免疫機能に障がい(身体障がい者手帳1級相当)を有する方

助成を受けられる期間

 令和3年10月15日(金)から令和4年1月31日(月)まで(予定)

  ※接種期間外に接種した場合は、助成の対象となりません。

  ※ワクチンの入荷状況などにより、接種できる期間は医療機関ごとに異なりますので、各医療機関にお問合せください。

接種場所

 指定医療機関(令和3年度の詳細は10月に掲載予定です。)

自己負担金

 1,000円

  ※生活保護世帯の方は、市が自己負担金相当額を負担します。事前に「無料券」を発行しますので、健康推進課までご連絡ください。

持ち物

 予診票 ※必ず持参してください。

 保険証

 生活保護世帯の方は無料券

 

予防接種による健康被害救済制度について

 定期予防接種であるインフルエンザ予防接種により重篤な健康被害(入院を必要とする程度の疾病や、日常生活が著しく制限されるほどの健康被害)が発生した場合、当該予防接種とその健康被害との因果関係がある旨を厚生労働大臣が認定した場合には、市長村長は健康被害に対する給付を行います。

 厚生労働省の予防接種救済制度のページ(新しいウィンドウで開きます)

 

知多市以外の病院等に入院入所中の方

 知多市に住所があり、市外の病院(公立西知多総合病院を除く)に入院されている方や介護保険施設に入所中で移動が困難な方は、健康推進課にご相談ください。

 

知多市以外の愛知県内医療機関にかかりつけ医がある方

 指定医療機関以外で接種を希望する方は、愛知県内の広域予防接種協力機関での接種が可能です。

 

予防接種の受け方

 1.接種を希望する医療機関に「広域予防接種協力医療機関」であることを確認し、健康推進課の窓口へ申請書類を提出してください。申請の際には、個別通知に同封の予診票を必ず持参してください。

   愛知県広域予防接種事業のホームページ(新しいウィンドウで開きます)

 2.後日、広域専用の予診票と連絡票(医療機関に提示する書類)を郵送します。お手元に届くまでには通常10日程度の時間を要しますので、余裕をもって申請してください。

 3.ご希望の医療機関に予約をしてください。

  

申請書類

愛知県広域予防接種連絡票発行申請書(B類疾病)(PDF形式:170KB)

愛知県広域予防接種連絡票発行申請書(B類疾病)書き方見本(PDF形式:227KB)

 

接種できる期間(県内統一期間)

 令和3年10月15日(金)から令和4年1月31日(月)まで(予定)

 

医療機関および施設関係者様へ

 本市では、接種対象者に円滑に予防接種をすすめるため、医療機関及び施設に入院または入所中の該当者について、可能な範囲で取りまとめていただくようお願いしています。申請の際は、下記の「知多市広域予防接種事業対象者認定申請書」に必要事項を記入の上、健康推進課まで郵送または窓口にて提出してください。

 ※申請する場合は、必ず本人または家族の了承を得てください。また、可能な限り予診票を添付してください。

 ※連絡票は10月以降順次発送します。(通常、申請から10日程度の時間を要します。)

知多市広域予防接種事業対象者認定申請書(PDF形式:251KB)

 

健康推進課のトップへ戻る

 

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

 

お問い合わせ

健康推進課
電話:0562-54-1300
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する