ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

食育

2020年9月17日

食育について

幼稚園では、地域の方やPTAさんに協力して頂きながら、野菜の栽培や収穫、収穫した野菜を食べる機会をつくるなど、食育の取り組みを大切にしています。

教師は子どもと一緒に生長や収穫を楽しみながら、気付きや発見に共感し、より野菜に興味関心が広がるよう支えています。

子ども達自身が実際に栽培や収穫をする経験は、嫌いなものでも食べてみようという意欲につながります。

年長 玉ねぎの収穫

 きりん組の子ども達が玉ねぎを抜いている写真 らいおん組の子どもが玉ねぎの重さをはかっている写真

 年長児が、昨年度植えた玉ねぎを収穫しました。

採った玉ねぎの匂いをかいだり、友達が収穫した玉ねぎの大きさと比べたり、はかったりしながら、収穫した嬉しさを感じていました。

はかりを使って大きさをはかっている時には、「どっちが重いかな?」と興味をもって見たり、大きいものと小さいものを2つのせ「どれくらいになるかな?」と試したりしていました。

このような体験を通して、数や量について学んだり、より楽しさを感じ興味をもったりするようになっていきます。

また、今まで大切に育ててきたからこそ収穫する嬉しさを感じ、食べることを楽しみにする気持ちにつながりました。

年中児や年少児も収穫の様子を見ながら、憧れの気持ちを感じたり、玉ねぎに興味をもったりしていました。

年中 トマトの草取りや水やり

 年中児がトマトの草取りをしている写真 年中児がトマトの水やりをしている写真

年中児がトマトを植えました。

毎日様子を気にかけ、草取りや水やりをする中で、変化に気付き、先生や友達と話しながら生長を喜んでいました。

青いトマトの実がなったことで、より収穫を楽しみにしています。

 年長 スナップえんどうの収穫

年長児がスナップえんどうの収穫をしている写真 

年中児の頃に植えたスナップえんどうを、年長児になってから収穫しました。

採る数を「5個」と決めていたことで、「私はどれにしようかな~?」と友達と選んだり、数を数えたりしていました。

収穫後は次にまた野菜を植えることを楽しみにし、畑の草取りをしていました。

年長 野菜の苗植え

年長児が野菜を植えている写真

 スナップえんどうや玉ねぎの収穫をした後は、新しくきゅうり、いんげん豆、オクラなどの夏野菜や芋の苗植えをしました。

今年度は、いつも手伝いに来て下さるさつま芋の会の方と一緒に植えることができませんでしたが、以前植える時のこつを教えて頂いたことを思い出しながら植えていました。

植物への好奇心や探求心をもって関わり、気付いたことや考えことを言葉で伝え合い、時には「早く大きくなぁれ♪」と声をかけながら、毎日生長を気にかけ水やり当番や草取りを積極的にしていました。

 

梅が丘幼稚園トップページヘ戻る

お問い合わせ

梅が丘幼稚園
電話:0562-55-4002
ファクシミリ:0562-55-4868
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する