ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

精神障害治療のための入院医療費の請求方法

2020年3月2日

精神障害者保健福祉手帳1級・2級所持者の方には精神障害者医療費受給者証(全疾患)を発行しています。
詳しくは 精神障害者医療(全疾患)のページ

対象者は

精神障害者保健福祉手帳3級所持者
(他の福祉医療受給者を除く。)

手続きをすると医療費は

精神科病床を標榜する医療機関で精神障害の治療による入院をした場合に、その保険診療にかかる窓口で支払った自己負担相当額を助成します。

食事代や保険適用外のもの(差額ベッド代、薬の容器代など)は、対象外です。 また、健康保険から高額療養費や附加給付金が支給される場合、それらを差し引いた額が対象となります。

申請方法は

以下のものをお持ちになって知多市役所 保険医療課までお越しください。

  • 領収書(注1)
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 健康保険証
  • 振込み口座の分かるもの(通帳など)
  • 支給決定通知書、又は保険給付証明書(注2)
    (健康保険から高額療養費・附加給付金が支払われた金額がわかるもの)

(注1)受診者名・入院期間・医療保険点数・自己負担分領収金額・領収書発行日・医療機関名称等が記載されているもの
(注2)知多市国民健康保険、または後期高齢者医療以外にご加入の方で、同一医療機関で自己負担額が月20,000円以上の時に必要です。健康保険から発行されたもの、又は市役所保険医療課で用意している様式を使用してください。

 

お問い合わせ

保険医療課
電話:0562-36-2654
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する