ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

下水道の状況

2022年2月10日

下水道事業会計の令和2年度決算の状況並びに事業の概要についてお知らせします。詳しくは、下水道課(南部浄化センター内)へ。

下水道事業会計

・令和3年度予算の上半期の執行状況(令和3年4月から9月まで)

区分予算現額上半期執行額執行率
収益的収入 20億5,610万円 6億2,051万円 30.2%
収益的支出 18億5,730万円 5億9,578万円 32.1%
資本的収入 21億6,681万円 1億4,925万円 6.9%
資本的支出 23億7,875万円

19億5,190万円

82.1%

 

・令和2年度決算の状況(収益的収入及び支出は消費税抜き、資本的収入及び支出は消費税込み)

区分決算額
収益的収入 19億924万4,896円
収益的支出 17億794万4,077円
資本的収入 11億1,785万7,780円
資本的支出 13億1,696万6,026円

 資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億9,910万8,246円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額3,623万1,322円、減債積立金9,190万2,988円、建設改良積立金7,097万3,936円で補填しました。

 収入は、農業集落排水事業を編入したことなどによる、有収水量の増加により、下水道使用料の調定額が増加し、前年度に比べ4,607万9,561円の増で9億522万3,349円、営業外収益が前年度に比べ1,187万7,924円の増で7億8,085万683円、総収益は前年度に比べ5,200万5,617円、2.8%増の19億924万4,896円、総費用は前年度に比べ5,810万1,453円、3.5%の増で17億794万4,077円となりました。

 収支差引は、2億130万819円の当年度純利益を生じ、その他未処分利益剰余金変動額と併せ当年度未処分利益剰余金3億6,417万7,743円を計上しました。(金額は、税抜き)

・事業の概要

事項平成30年度令和元年度令和2年度
行政区域内人口
(人)
85,190 85,377 85,061
処理区域面積
(ヘクタール)
1,424.0 1,435.0

1488.1

処理区域内人口
(人)
81,245 81,541

82,305

普及率(人口)
(%)
95.4 95.5 96.8
水洗化人口
(人)
80,436 80,717 81,543
水洗化率(人口)
(%)
99.0 99.0 99.1
処理水量
(立方メートル)
8,655,743 8,951,001 9,396,961
有収水量
(立方メートル)
7,633,385 7,825,916  8,239,487
有収率
(%)
88.2 87.4  87.7

使用料単価

(円)

109

110  110

処理原価

(円)

111

106

 108

(注)使用料単価は、有収水量1立方メートル当たりの下水道使用料収入金額(税抜き)です。

       処理原価は、有収水量1立方メートル当たりの汚水処理経費(税抜き)です。  

下水道課(南部浄化センター内)トップへもどる

お問い合わせ

下水道課(南部浄化センター内)
電話:0562-55-9591
ファクシミリ:0562-55-9222
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する

質問する