ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

令和2年度 1学期 こんなことをしています

2020年9月17日

年少 遊び   

線路をつなげて電車で遊んでいるところ   動物になってお家ごっこをして遊んでいるところ  病院ごっこをしているところ  砂場で山づくりをして遊んでいるところ                                                                                                                                                               

年少児は、線路をつなげると長くなることがうれしくなり、駅を置いたり、橋を作ったりしながら右左へとコースを変え、出来上がると電車を並べ「行ってきま~す、ガタン、ゴトン~」などと思いついたことを言いながら嬉しそうに遊んでいます。

お家の中では動物たちがご飯を作っています。ご飯を並べると「かえるさーん」「ケロケロ」と笑顔になり、先生やその場に集まった友達と一緒に生活を取り入れたり、動物になりきって楽しく遊んでいます。

お医者さんと患者さんになって「どこが痛い?」などと聞いたり、薬を飲ませてあげ、医者や患者になりきりながら、実際にお医者さんに言ってもらった言葉を言ってみたり、手当てをしたりして遊ぶことを楽しんでいます。

砂場では、年上の子が山を作っているのを見て、同じようにスコップで砂を積み上げたり、両手で砂を固めたりしながら大きな山を作ろうとして遊んでいます。

教師がモデルとなって遊ぶ姿を見せたり、楽しくなるような言葉を言ったりしながら、“楽しそう””もっとやってみたい”という気持ちがもてるよう関わっています。

年中 遊び    

アニメのキャラクターになって踊っているところ ウレタン積み木でロケットを作っているところ 簡単なルールのある遊びをしているところ エンドレスリレーをしているところ

 

年中児が、アニメのキャラクターになりきって踊ったりすることを楽しんでいます。

大型のウレタン積み木を使って友達と一緒にいろいろと考えながらイメージを広げ、ロケット作りを楽しんでいます。

教師や友達と一緒に、鬼ごっこや泥警など鬼に捕まらないよう、見つからないよう、よく見て動くなど簡単なルールのある遊びをして楽しんでいます。

エンドレスリレーでは、競って速く走ろうとする子やバトンを持って走ってくると次の子の名前を呼んで渡したり、「はい!」と声をかけながらしっかりとバトンを渡そうとする姿も見られます。

教師は、子どもがイメージしたことを言葉や動きで表せるように、引き出したり、友達のしていることを真似たりして遊ぶ楽しさに共感したりしながら、友達関係を支えています。

年長 遊び   

 雑巾がけをしているところ      一本橋を渡ってジャンプしているところ    靴取りをしているところ  蝉取りをしているところ

遊戯室で、雑巾がけや手押し車、巧技台など運動器具をして遊ぶ中で、バランスのとり方やどこに力を入れるかなど、体の使い方が徐々にわかるようになってきて繰り返し楽しんでいます。

友達と一緒に靴とりなど体を動かして遊び、鬼に捕まらないよう逃げたり、捕まりそうな友達がいると知らせたり、取られた靴を取り返そうと作戦を考えたりしながら友達と力を合せて遊ぶことを楽しんでいます。

蝉の鳴き声を聞いたり、どこにいるかをよく見たりしながら探し、「あっ、抜け殻だった」と残念な表情をしながらも夢中になって探しています。

教師は、自分の思いや考えを出し合い、考えたり、試したりしながら友達と一緒に遊びを進めようとする姿を見守ったり、仲間の一員になって取り組んだりしています。

 

 

 

梅が丘幼稚園トップページヘ戻る

お問い合わせ

梅が丘幼稚園
電話:0562-55-4002
ファクシミリ:0562-55-4868
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する