ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

後期高齢者医療制度における2割負担導入について

2022年1月28日

後期高齢者医療制度における2割負担導入について

 後期高齢者医療制度では、2022年(令和4年)10月1日から、一定以上の所得のある方(75歳以上の方等)は、現役並み所得者(窓口負担割合3割)を除き、医療費の窓口負担割合が2割になります。※住民税非課税世帯の方は基本的に1割負担となります。

 変更対象となる方は、後期高齢者医療の被保険者全体のうち約20%の方です。

 詳細に関しましては、愛知県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

 愛知県後期高齢者医療広域連合(新しいウィンドウで開きます。)

 

お問い合わせ

保険医療課
電話:0562-36-2654
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する

質問する