ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

水・泥遊び

2020年9月17日

自然物を使った遊び

幼稚園では、その時期ならではの自然物を使って遊ぶ機会を大切にしています。

自然物の綺麗さを感じるだけでなく、匂い、感触など五感を通してより興味をもったり、自然物を使って遊ぶ中で考えたり、試したりした経験は、もっと知りたい、やってみたいという興味関心や意欲につながります。

一学期は、水遊びや泥遊びをして遊ぶ中で、様々な発見をしたりイメージを広げたりしていました。

教師は、そんな子ども達の驚きやイメージに共感したり、一緒に試したりしながら育ちを支えています。

 

年少

  年少児がトンネルを使って遊んでいる写真 年少児が泥遊びをしている写真 年少児が色水をしている写真 年少児が色水ジュースを乾杯している写真

年少児は、トンネルを使って水を流し、好きなように繋げ、水を思いきり流したり、流した先にできた水たまりを海や川に見立てたりして楽しんでいました。

泥を使ってケーキやカレーなどに見立てて遊んでいる場面では、出来たものを先生や友達にあげたり、机に飾ったりしていました。

食紅の色水では、好きなようにコップに注ぎ混ざる中で、「オレンジジュースになった~!」と偶然できた色に驚き!

教師や友達と一緒にいろいろな水遊びや泥遊びをしながら、感触を楽しみ気持ち良さを感じたり、見立てたりして遊ぶことを楽しんだりする経験につながりました。

教師は、子どもがより自然物に興味をもてるよう、感触の気持ち良さや、子ども達の思いついたこと、偶然起こった出来事の嬉しさや不思議さに共感していきました。

年中

年中児が足湯ごっこをしている写真 年中児が色水を作って遊んでいる写真 年中児が樋に水を流している写真 年中児が樋で車を洗っている写真

年中児は、友達や先生と一緒に穴を掘り、経験したことのある足湯ごっこを楽しんでいました。一人の子が魚の玩具を浮かべると、「ドクターフィッシュだね♪」とよりイメージが広がっていました。

園に咲いている花を使った色水遊びでは、「桃ジュースにしたい!」と、どの色の花を混ぜると良いか考え、自分なりに試して遊んでいました。

樋の水流しでは、最初は短い樋やビールケースを使って簡単な坂道を作り、そこに水を流すことを楽しんでいましたが、繰り返す中で魚や船の玩具を流したり、より高低差を付けたりと、自分の思いついたことを繰り返し試して遊んでいました。

水遊びや泥遊びをする中で、イメージを出して遊ぶことが楽しくなり、「足湯」「海」「ジュース」「流しそうめん」など、色々なものに見立てて友達と楽しむ経験につながりました。

教師は、よりイメージを広げて遊ぶことを楽しめるよう、子どものイメージに共感したり、時にはアイディアを提案したりしていきました。

年長

年長児がB紙に絵を描いている写真 年長児が樋を使って試している写真 年長児が石鹸クリームを作っている写真 年長児が的あてをしている写真

年長児は筆を使い、B紙におばけやハートなどイメージしたものを描くことを楽しんでいました。友達が描いたものを見て、「じゃあ私もおばけ描こう!」と、刺激を受け、一緒にイメージを広げながら描くことを楽しんでいました。

樋の水流しでは、幼稚園の遊具を使ってよりダイナミックに高低差や長さをつけて遊んでいました。思いついたことを友達に発信し、「それ良いね!」と共感しながら、考えたことを繰り返し試して遊ぶことを楽しんでいました。

石鹸クリームでは、「ふわふわの泡」「とろとろの泡」などそれぞれにしたい泡を作り、スポンジに塗ってケーキなどに見立てて遊んでいました。紙粘土で作った飾りをトッピングにしたり、泡に色をつけたりする中で、よりイメージが広がり、本物らしく作ることを楽しんでいました。

的当てでは、自分達が作った的を遊具に飾り、どの場所からだと当たるかなど友達と繰り返し挑戦して楽しんでいました。

水遊びや泥遊びを友達と一緒にしながら、「こうするとどうなるかな?」と考えたことを繰り返し試したり、必要なものを自分達で作り、取り入れて遊んだりすることを楽しむ経験につながりりました。

教師は、繰り返し試して遊ぶ楽しさを感じられるよう、考えたことを試してみる姿を見守りながら、うまくいった嬉しさに共感したり、時にはどうすると良いかを一緒に考えたりしていきました。

 

 

 

お問い合わせ

梅が丘幼稚園
電話:0562-55-4002
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する