ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

コロナ禍における地域活動の留意事項について

2021年4月30日

愛知県に新型コロナウイルス感染症の「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、コロナ禍における地域活動の留意事項のチェックリストを作成しました。

自治会・町内会事業など、地域活動の実施を検討する際に参考としてください。

 

コロナ禍における地域活動の留意事項チェックリスト

コロナ禍における地域活動の留意事項チェックリスト(PDF形式:278KB)

コロナ禍における地域活動の留意事項

1 会場準備

密を避けるために十分な広さの会場を確保してください。

手指消毒用のアルコール等を準備、設置してください。

飛沫防止パネル等の設置などの対策を講じてください。

会議などの場合、必要最低限の議題に留め、時間短縮に努めてください。

2 受付

受付(参加者)名簿を準備し、参加者の把握に努めてください。

体調のすぐれない方の参加はお断りしてください。

可能であれば、非接触型体温計を用意し参加者の検温を実施してください。

参加人数が多い場合は、入場制限などを検討してください。

新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAの利用を呼びかけましょう。

3 活動中

マスクの着用を徹底してください。

参加者間で2m以上(最低でも1メートル以上)を保ってください。

屋内施設の場合は、30分に1回、室内の換気を行ってください。

可能な限り飲食は控えてください。

こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒に努めてください。

4 終了後

会場の清掃、消毒をしてください。

※十分な対策ができない事業は延期や中止を検討してください。高齢者や持病のある方など、重症化リスクの高い方が参加する場合は特に慎重に判断してください。

令和3年4月20日~5月11日 まん延防止等重点措置適用期間の注意事項

大きな発声を伴う場合は、定員の半数を上限としてください。

※会場に定員の定めがない場合は、広さ(平米)÷3以内の人数を目安としてください。

 例:20平米の部屋の場合 20÷3≒6.7 ⇒ 上限は6人

 

これまでも、皆様方には拡大防止に対してご協力をいただき、ご不便をおかけしているところでございますが、今後の状況を左右する重要な局面を迎えています。

つきましては、皆様方におかれましては、ここを正念場としてご理解いただき、より一層の拡大防止へのご配慮を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

市民協働課
電話:0562-36-2644
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する