ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

地域の創意工夫 コミュニティ活性化委託事業

2019年3月6日

コミュニティ活性化委託事業は、コミュニティが地域課題の解決や地域の活性化に取り組んでいくための支援制度です。選定会議によって採択されると事業資金を委託料(上限40万円)としてお支払いします。

皆さんの思いを、具体的な計画にして実現してみませんか?

応募資格・要件

事業提案できる団体は、コミュニティです。ただし、事業の趣旨に合っていれば、事業主体がコミュニティ部会、町内会、自治会などのコミュニティ内の団体でも構いません。事業提案は、1コミュニティにつき1件までです。

対象事業・対象経費

対象事業

この事業は、地域の課題を解決し、地域社会の利益を増進する次の要件を満たすものを対象としています。

(1) 地域独自の事業として、まちづくりの効果がより高まる事業

(2) コミュニティまたはその構成団体等が中心となって行われる事業

(3) 委託事業としては、単年度で終わる事業

(4) 営利、宗教、政治にかかる事業でないこと

(5) その他、コミュニティが地域課題を解決するために行う事業

対象経費

対象となる経費は、事業の実施に必要な経費です(人件費、旅費、消耗品費、印刷製本費、会場使用料、通信運搬費、講師謝礼など)なお、取得単価が30,000円以上の備品等財産の購入・修繕、および飲食代は対象となりません。

契約金額

予算の範囲内の金額となります。詳細は、市民協働課までご相談ください。

提案方法・審査

提案方法

お住まいの地域のコミュニティ会長を通じて、次の書類を添えて市民協働課へ事業提案してください。(提案者はコミュニティ会長となります。)

コミュニティ活性化委託事業企画提案書(様式2)(PDF形式:115KB)

(提出は、提案書を含めて、A4サイズ5枚まで)

31年度の事業提案については、市民協働課へお問合せください。

審査

提案された事業は、コミュニティ連絡協議会役員、コミュニティ研究員等の審査により、実施するコミュニティを決定します。(年間2事業まで)


これまでの委託事業実績

31年度実施事業

事業名実施コミュニティ事業の概要

「地域の祭り」を活用した住民交流の活性化

旭東コミュニティ 旭東地区では、年間通じて様々な祭りが開催されているが、参加者が住居地区や年齢層等で限られており、必ずしも3地区(日長台、旭桃台、大興寺)の住民が集う機会となっていない。地域の祭りを積極的にPRし、3地区住民の親睦や交流の場を拡大することで、地域行事及び祭りへの参加意欲の醸成を図る。
朝倉団地センタープレイス活性化 つつじが丘コミュニティ 地域の多世代、多文化交流の場として利活用を進める朝倉団地センタープレイスの認識を拡げるとともに、ふらっと気軽に立ち寄れる居場所づくりを行う。また、セミナーや講座等の様々な取り組みを通して地域の人材を発掘し、得意分野を発揮できる場を提供することで、センタープレイスの担い手を繋いでいく。

30年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要

「生バンドでうたう『歌声喫茶』」

東部コミュニティ シニア層に加え若い世代にも人気の「歌声サロン」をコミュニティで実施。うたう楽しみを共有し、誰でも気軽に参加できる「多世代間交流」の場とすることで、コミュニティの活性化を図る。
「佐布里コミュニティ 梅が丘町内会総力結集」 佐布里コミュニティ 少子高齢化が著しく活動が円滑に進まなくなっている町内会の組織を充実させると共に、防災活動や公園整備を通してさらなる発展を目的とする。

29年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要

「多世代が集う地域の交差点づくり~みんなの顔がつながる~」

南粕谷コミュニティ 現在、高齢者が中心に利用している南粕谷ハウスにおいて、子ども・若者(子どもの親世代)の利用促進や南粕谷を取りまく様々な情報発信拠点を整備することにより、南粕谷ハウスに多世代が集い、みんなの顔が繋がる地域の交差点となることを目指す。
「大草城の歴史・文化を活かした旭南のまちづくり」 旭南コミュニティ 大草城は歴史的に貴重な財産であるが、知名度や利用度は低く、内外的にも良く知られていない。大草城の重要性を多くの人に知っていただくと共に大草公園全体の見直しを図ることで、市民の憩いの場づくりを目指す。

28年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要

「地区公共施設の有効利活用事業」

佐布里コミュニティ 佐布里地区の活動拠点である佐布里会館を活用し、住民が自由に集える場を提供する。カフェ形式のサロンや子ども勉強会などを開催し、多世代交流を促すことで、コミュニティの活性化を図る。
「岡田地区・子ども会加入率をアップするには」 岡田コミュニティ 子ども会とコミュニティが協力し、子ども会のあり方を見直す。親子で楽しめるイベントを企画することで、持続可能な子ども会活動や地域ぐるみで子どもを見守る体制を構築する。

27年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要

「東部コミュニティ・7町内会防災事業連携強化事業」

東部コミュニティ 東部コミュニティと7町内会等が連携して、東部地区では初めてとなる防災事業(避難所開設・運営訓練、7町内会独自の防災講習会 他)に取り組み、地域が一体化して行う体制を構築する。
「マリンパークや新舞子の歴史文化も活かした旭南のまちづくり事業」 旭南コミュニティ 新舞子を中心とした旭南の歴史・文化を知ってもらうことで、旭南地区内の方の”ふるさと感”をより一層醸成するとともに、旭南地区外から来られる方にもわかりやすい「新・旭南マップ」を作成し、新舞子マリンパークや旭公園、岡田、佐布里などへの滞留を促進する。

26年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「ふるさと検定制度の構築~郷土の誇りを学ぶ<個人学習編>~」 八幡コミュニティ 八幡塾で蓄積された郷土の情報を集大成し、学習を促進するための検定制度を構築することで、住民のふるさとへの愛着を育み、まちづくりへの参加意欲を醸成します。
「そうり防災総力向上事業」 佐布里コミュニティ 想定される巨大地震に備えるため、防災ボランティアを育成するとともに、あらゆる世代・地域との連携の促進、さらにボランティアのネットワークを充実し、コミュニティ会員の防災意識の向上を図ります。

25年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「地域ネットワークづくり」 つつじが丘コミュニティ コミュニティ活動をテーマにしたホームページを開設します。多くのコミュニティ役員が頻繁に更新する運営体制をつくり、住民向けにはその利用方法などの講習会を継続的に行うなど、ホームページを活用してコミュニティの活性化を図ります。
「歴史・文化も活かした旭南のまちづくり」 旭南コミュニティ 地区内の誇るべき歴史や文化を、将来を担う子供たちを始め地域住民に広く知ってもらうため、歴史文化を知るための講演会や、観光案内を作成し、旭南への「ふるさと感」を育みます。

24年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「郷土の誇りを学ぶ」 八幡コミュニティ 自分たちが住んでいる八幡(知多市)にある歴史・伝統芸能・偉人などの郷土の誇りを地域住民に広く伝え、ふるさとへの愛着を育み、まちづくりへの参加意識を高揚し地域発展に寄与しました。
「観光資源と路線バスを活かした岡田のまちづくり」 岡田コミュニティ 岡田の歴史・伝統のある美しい街並みを地域住民で保存・活用し、さらに路線バスの活用により観光客を呼び込むことで、まちの良さを知ってもらい、地域の活性化を図りました。

23年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「三世代で築こう・ふるさと里山再生」 新知コミュニティ かつて地域住民の交流の場であった朝倉の牟山神社の裏山の登り道や頂上平坦地の整備、植樹などを行い、里山の再生と三世代交流事業の拠点づくりを行いました。
「地域文庫でつながる仲間」 南粕谷コミュニティ 南粕谷小学校で行っている「地域文庫」をリニューアルし、赤ちゃんから高齢者までが心豊かに過ごせる居場所をつくり、隣接する余裕教室を新たに活用し、「地域文庫」の拡大・活性化を図りました。

22年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「岡田防災会再編」 岡田コミュニティ 防災検討委員会を中核に、防災台帳の整備、再編防災会による防災訓練の実施、防災マップの作成・配布を行い、地域の実情に即した防災組織に再編しました。
「竹林をきれいにし隊」 旭南コミュニティ 旭南校区の丘陵地帯の竹林整備や、住民参加型の流しそうめんのイベントなどを通じて、美しい里山の復元と周辺の環境美化に寄与しました。

21年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「岡田三世代雅休邸塾」 岡田コミュニティ 新旧住民や三世代の交流の場として、旧家の雅休邸を拠点に岡田の街並みウォーキングなどのイベントを開催し、岡田の歴史や街並みの素晴らしさを伝えました。また、岡田景観ガイドマップを全面改訂し、現在も岡田散策に役立てています。
「特別救出隊出動!!」 南粕谷コミュニティ 地震などの災害時に救出を専門とするチーム「特別救出隊」を南粕谷2丁目自主防災会内に組織しました。特別救出隊は任期を複数年とし、災害時を想定した救出訓練のほか、防災講演会や防災備品の使い方講習会など、住民啓発に努めました。

20年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「つつじが丘あんしんとなり組」 つつじが丘コミュニティ 誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことのできるまちづくりを進めるため、災害時要支援者のリスト作成と支援役割分担のシステムを作りました。
「綿作り、花いっぱい運動を通して住民交流のまちづくり」 岡田コミュニティ 花いっぱい運動とワタの栽培を通して、多くの住民が参加できる行事を実施し、住民がふれあう場所と機会を提供するとともに、緑化の効用や必要性を伝えました。

19年度実施事業(事業完了)

事業名実施コミュニティ事業の概要
「伝統技能 祭り囃子 生演奏復活」 八幡コミュニティ 祭り囃子の伝承の危機にある八幡コミュニティで祭り囃子の生演奏の復活と保存のための事業を行いました。
「南粕谷おたすけ会発足」 南粕谷コミュニティ 支援を必要とする方が気軽に頼める機関として、ボランティアによる「おたすけ会」を発足させました。

 

「コミュニティ」へ戻る

「市民協働課」トップへ戻る

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

市民協働課
地域活性化
電話:0562-36-2644
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する