ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

猶予制度について

2020年5月1日

 地方税法の一部改正に伴い、納税の猶予制度の見直しが行われ、平成28年4月1日から開始されました。
一定の要件に該当し、猶予が認められると、猶予期間中の延滞金の全部または一部の免除、財産の差押や換価(差し押さえた財産を金銭に換えること)が猶予されます。

徴収の猶予

 災害や病気などで、市税などを一時に納付することができないと認められるときは、納期限内に申請することにより、原則、その納期限から1年以内の期間に限り、徴収の猶予が適用されることがあります。

 

換価の猶予

 市税などを一度に納付することで、事業の継続または生活の維持が困難になるおそれがあるなどの一定の要件に該当すると認められるときは、納期限から6カ月以内に申請することにより、原則、1年以内の期間に限り、滞納処分による財産の換価の猶予が適用されることがあります。

 市税などを納期限までに納付できない場合は、お早めにご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方のための徴収猶予の「特例制度」についてはこちら

 

収納課のトップページに戻る

 

お問い合わせ

収納課
電話:0562-36-2637
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する