ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

最近の出来事(令和元年9月掲載)

2019年10月1日

8月1日(木)ライオンズクラブの留学生が市長を表敬訪問

 ライオンズ留学生1 ライオンズ留学生2 ライオンズ留学生3

  市内でホームステイをしている留学生のミル・カンペンさん(オランダ出身)とレオン・ジュディアス・ソマーさん(スイス出身)が市長を表敬訪問されました。

 ミルさんは、「友人が日本へ行った時の話を聞き、自分の目で日本を見て、色々な体験をしてみたかったので日本への留学を希望しました。」と述べられました。

 市長は、知多市の歴史などを紹介し、「お二人とも、これからも勉強に励んでください。」と激励しました。

 

8月3日(土)第2回佐布里梅を使用した梅シロップ 小学生オリジナルラベルコンテスト表彰式

 梅シロップラベル1 梅シロップラベル2 梅シロップラベル3

 佐布里緑と花のふれあい公園梅の館にて、澤田酒造株式会社様が製造する「佐布里梅を使用した梅シロップのオリジナルラベルコンテスト」の表彰式が開催されました。

 昨年度、佐布里小学校の4年生から6年生を対象にコンテストが行われました。入賞した鈴木爽巴さん(応募当時6年生)、山浦璃子さん(応募当時5年生)、早川海澄さん(応募当時5年生)の3作品の中から、鈴木さんの作品が優秀賞に選ばれ、オリジナルラベルとなって販売されています。

 優秀賞に選ばれた鈴木さんは、「梅の実をグラデーションにするなど工夫をしました。ラベルになって嬉しいです。」と述べられました。

8月13日(火)愛知県森林協会会長表彰受賞報告会

 森林協会会長表彰1 森林協会会長表彰2 森林協会会長表彰3

 知多地域のキノコ生産や消費拡大に大きく貢献した功績が認められ、愛知県森林協会会長表彰を受賞した平松栄毅さんが、市長に受賞の報告をされました。

 平松さんは、日長地区の竹林において、クヌギ原木にこだわった原木シイタケの露地栽培を実践されています。

 市長は、「これからもお身体に気をつけて、知多市の発展のためにご活躍いただきたいと思います。」と述べました。

 平松さんは、「生しいたけを全国に展開していき、知多ブランドを広めていきたいです。」と抱負を述べられました。

8月31日(土)第6回新舞子ビーチフェスティバル

 

 第6回ビーチフェスティバル1 第6回ビーチフェスティバル2 第6回ビーチフェスティバル3

 第6回新舞子ビーチフェスティバルを新舞子マリンパーク ブルーサンビーチで開催し、約39,000人という大変多くの来場者でにぎわいました。

開会式の後の、ラッキーボール投げや、知多市ふるさと観光大使によるステージイベントで会場は大変盛り上がりました。今年の花火大会では、市制施行50周年記念プレ事業として、花火と音楽をシンクロさせたミュージック花火を打ち上げ、フィナーレのスターマインの打ち上げ後には、大きな歓声が上がりました。

 また、同日会場において、「知多市制施行50周年PR大使」の委嘱式を行い、知多市ふるさと観光大使の皆様を50周年PR大使に委嘱しました。

お問い合わせ

秘書広報課
電話:0562-33-3151
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する