ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の風しん抗体検査・予防接種について

2020年4月1日

令和元年度から令和4年3月までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方は、風しん抗体検査および予防接種を全額公費で受けられます。公的に予防接種を受ける機会のなかったこの世代の男性は、風しんの抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています(約80%)。

風しんは今も流行しています

風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。

また、妊娠初期の妊婦さんが感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出ることがあります。クーポン券を使用して、ご自身とこれから生まれてくる世代の子どもを守りましょう。

抗体検査・予防接種の受け方

1.市からクーポン券が届きます

 令和2年度は昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方で、令和元年度にクーポン券を使用しなかった方へクーポン券を発送します。

  ・今年度送付するクーポン券の使用期限は令和3年3月までです。

  ・知多市に転入してきた方やクーポン券がお手元にない方で、抗体検査または予防接種をまだ受けていない場合は、健康推進課までお問い合わせください。

2.抗体検査を受けます

 抗体検査は採血して行います。本事業に参加している医療機関等や健康診断、人間ドックを利用して受けることができます。健康推進課が発行したクーポン券と本人確認書類をお持ちください。

  ・市の特定健康診査(知多市国民健康保険加入者対象)の場で受ける際は、予約不要です。クーポン券と健康診査受診券を持参して直接会場へお越しください。

  ・会社での健診や人間ドックでの実施については、勤務先の企業等にお問い合わせください。 

3.予防接種を受けます

 検査の結果、十分な量の抗体がないとされた方は、予防接種(麻しん風しん混合ワクチン)を受けましょう。クーポン券(健康推進課の送付したもの)と本人確認書類をお持ちください。

  ・十分な抗体があった方は、予防接種を受ける必要はありません。

知多市の実施医療機関

R2男性風しん実施医療機関一覧(PDF形式:98KB)

市内に限らず、全国の医療機関等での実施が可能です。厚生労働省のホームページ(新しいページで開きます)をご確認ください。予約が必要な場合がありますので、事前に連絡することをお勧めします。 

抗体検査および予防接種の受託医療機関等のみなさまへ

知多市の予防接種委託料は以下のとおりです。使用するワクチンは、麻しん風しん混合ワクチンに限ります。

 被接種者       1回につき 9,437円(消費税等を除く。) 

 未接種者(診察のみ) 1回につき 2,315円(消費税等を除く。)

 

 

 

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

健康推進課
電話:0562-54-1300
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する