ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

児童発達支援

2018年10月30日

 子どもの発達支援には、年齢等に応じ、様々な機関が連携して取り組んでいます。知多市での現在の支援体制を図にまとめました。子どもの発達、発育にあった仕組みをご利用ください。また、ご心配なことは、各機関に相談してください。 

知多市の発達支援体制図(PDF形式:650KB)

障がい児通所支援

児童発達支援通所受給者証の交付

対象者

児童に発達の遅れがある、または障がいを持っている方

の種類

児童発達

支援

未就学の児童が日常生活における基本的な動作、知識技能の習得、集団生活への適応訓練、その他必要な支援が受けられます。

 医療型児童発達支援

身体に重い障がいがある児童の児童発達支援及び治療が受けられます。

 放課後等デイサービス

就学中の児童が、授業終了後や長期休暇中などに、生活能力向上のために必要な訓練や社会との交流促進などの支援が受けられます。

 保育所等訪問支援

保育所等に通う児童に対し、その施設等に訪問して、集団生活への適応のための専門的な支援などが受けられます。

居宅訪問型児童発達支援

児童発達支援、医療型児童発達支援または、放課後等デイサービスを受けるために外出することが著しく困難な児童に対し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、生活能力の向上のために必要な支援などが受けられます。

手続き

利用を希望する施設と契約する前に、子ども若者支援課で児童発達支援通所受給者証の手続きをしてください。

※毎年児童の誕生月に更新手続きが必要です。

 

※複数の事業所を利用する場合は上限管理事業所依頼届出書の提出が必要になります。

上限管理事業所依頼届出書(PDF形式:77KB)

※通所支援を利用される児童に、保育園等に通う兄や姉がいる場合、負担の軽減措置が受けられる場合があります。

通園証明書(PDF形式:42KB)

費 用

 施設利用に係る総費用のうち原則1割が自己負担となります。(市民税所得割額に応じた負担上限月額があります)

児童発達支援
サービス利用計画案
(障害児支援

 利用計画案)

受給者証の交付の際には、児童発達支援サービス利用計画案の提出が必要です。計画案は、指定相談支援事業者が作成しますが、保護者の方が自分で作成した計画(セルフプラン)でも代用することができます。詳しくは子ども若者支援課へお尋ねください。 

 

市内指定障害児相談支援事業者

知多市障がい児相談支援事業所さんぽ

 

セルフプラン様式(XLSX形式:15KB)

セルフプラン様式(記入例)(PDF形式:207KB)

セルフプラン週間計画表様式(XLSX形式:22KB)

セルフプラン週間計画表様式(記入例)(PDF形式:186KB)

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

子ども若者支援課
電話:0562-36-2656
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する