ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

最近の出来事(平成30年8月掲載)

2018年9月1日

7月2日(月)社会を明るくする運動街頭啓発

  社会を明るくする運動街頭啓発市長あいさつ 社会を明るくする運動街頭啓発品配布 社会を明るくする運動街頭啓発品配布2

 7月の「社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」強調月間に合わせて、保護司、更生保護女性会など総勢約90人が市内4店舗のスーパーマーケットやホームセンターで街頭啓発を行いました。

 市長は、イトーヨーカドー知多店で街頭啓発を行い、「関係者の皆さんのご協力により市内4店舗で、青少年の犯罪や非行のない地域づくりのための運動を実施することができました。地域社会が一体となって、明るく住みよい知多市を築いていきたいと思います。」と述べました。

7月13日(金)平成30年7月豪雨 愛知県緊急消防援助隊帰庁報告

 県緊急消防援助隊帰庁報告 県緊急消防援助隊市長談話 県緊急消防援助隊出発式

 西日本を中心とした平成30年7月豪雨を受け、愛知県緊急消防援助隊として、岡山県倉敷市真備町で救助活動を行った本市消防署員5人が帰庁し、市長に活動報告を行いました。

 5人は、大雨等による逃げ遅れ者の救助活動、未検索家屋や、田んぼ、用水などを捜索し、行方不明者の検索救助などを行いました。派遣された竹内署長補佐は、「真備町は大雨の影響で町の4分の1が水没しました。昔ながらの町で土壁の家が多く、壁が剥落している家も多数ありました。災害ごみが溢れており、環境衛生面についても懸念されます。」と報告しました。

 市長は、「知多市の代表として、命を懸けて被災地での救助活動をしていただき、ありがとうございました。本市では、ハザードマップや防災マップをホームページで公開しているので、本市に限らず近隣市町に在住、在勤、在学の方に、被害軽減のためにも参考にしていただきたい。」と述べました。

7月19日(木)全国少年警察ボランティア協会長栄誉銅章、愛知県警察本部長・愛知県少年補導委員会連合会長連名感謝状の受章報告

 伊藤俶子さんと市長 伊藤廣道さんと市長 少年補導員関係表彰市長談話

 知多少年補導委員会副会長の伊藤俶子さんが、平成30年度少年補導功労者表彰で全国少年警察ボランティア協会長 栄誉銅章を、また同委員会監査の伊藤廣道さんが、平成30年度少年非行防止功労者表彰で愛知県警察本部長・愛知県少年補導委員会長連名感謝状の受章報告をされました。

 知多少年補導委員会は、知多警察署長が委嘱するボランティア団体であり、街頭啓発活動や地域パトロールを行い、少年の犯罪防止や非行少年の立ち直りに積極的に取り組んでいます。伊藤俶子さんは平成6年から、伊藤廣道さんは平成22年から少年補導委員として活動をされています。

 市長は、「長きにわたる非行防止活動が評価されてのご受章であり、おめでとうございます。知多市が安全なまちであるのは、お二方をはじめ、少年補導委員の皆様のおかげです。ご自身の体調が第一ですが、これからも知多市の子どもたちのためにご尽力いただきますようお願いいたします。」と労いの言葉を述べました。

7月26日(木)日本スカウトジャンボリー大会の参加報告   

 スカウトジャンボリー市長報告 スカウトジャンボリー市長報告2 スカウトジャンボリー参加者と市長

 8月4日~10日に石川県珠洲市蛸島町「りふれっしゅ村 鉢ヶ崎」で開催される第17回日本スカウトジャンボリー大会に参加する市内ボーイスカウト団が、参加報告をされました。

 同大会には、全国と世界から約1万3,000人の青少年が集まり、6泊7日にわたってキャンプ生活をしながら、各種プログラムに参加して仲間と体験を共有するとともに、火起こしや班旗立てなどを競い合います。

 市長は、「いろいろな人たちと交流することで、世の中に役立つ人になれると思います。貴重な体験ができると思いますので、自分自身の成長のためにも頑張ってきてください。また、暑いので体調管理にはくれぐれも気を付けて、ひと回り大きくなって帰ってきてください。」と激励しました。

7月26日(木)海上保安庁長官表彰感謝状、第四管区海上保安本部長表彰感謝状の受賞報告   

 海上保安功労感謝状受賞報告 海上保安功労感謝状受賞報告市長記念写真 海上保安功労感謝状報告市長談話

 7月26日にウィルあいち(名古屋市)で行われた平成30年「海の日」海事関係功労者表彰式典において、吉川修一さんが海上保安庁長官表彰感謝状(海上保安功労)を、田中道彦さんが第四管区海上保安本部長表彰感謝状(海上保安功労)の受賞報告をされました。

 お二人は海上安全指導員として、「知多堤―新舞子海岸―大草海岸―セントレア付近」の海上パトロールや、ライフジャケットを着用していない海洋レジャー客への声掛けなどの活動をされています。

 市長は、「このたびは大変おめでとうございました。新舞子の海上の安全に努めていただき、誠にありがとうございます。今後も活動を継続するとともに、新舞子の更なる発展にご尽力いただきますようお願いいたします。」と述べました。

 

お問い合わせ

秘書広報課
電話:0562-33-3151
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する