ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

最近の出来事 平成29年度11月掲載

2017年12月1日

9月30日(土)・10月1日(日)朝倉の梯子獅子

  市長が舞台上でお話しされる様子 梯子獅子を披露する様子 梯子獅子が舞う様子

毎年10月の第1日曜日、朝倉の牟山神社で奉納される伝統行事の「朝倉の梯子獅子(県指定無形民俗文化財)」が、9月30日()の夜と10月1日()に行われました。 

1日()の本楽(ほんらく)は、午前10時から大祭式典が行われ、11時から奉納獅子が行われました。午後1時から行われた昼の部では、下舞台で子供獅子も披露されました。

雄獅子の面をかぶった2人1組の獅子が、目もくらむ高さをものともせず、スリル満点の獅子舞を演じ、観客を魅了しました。

10月4日(水)2期目就任にあたる宮島市長の訓示

  市長が職員を前にお話しされる様子 市長が訓示する様子 市長がお話しされる様子    

宮島壽男市長が2期目の就任にあたる訓示を行いました。

市長は「職員の皆さんには4年間支えていただきました。昨日4年の任期を満了し、今日から2期目のスタートとなります。市民の皆様からの期待を受け初当選した時にも職責の重さを痛切に感じていましたが、今日も同じ思いです。今日から心新たに知多市の発展を目指し「第2の宮島丸」が出港することになりますのでよろしくお願いします。」と市政運営に邁進していくことを誓われました。

10月5日(木)知多市石油コンビナート等特別防災区域保安連絡協議会総合防災訓練

  消防車が出動する様子 消防車が火を消す訓練を行う様子 市長が消防隊員を前に話される様子     

知多市臨海工業地帯を構成する36事業所による「知多市石油コンビナート等特別防災区域保安連絡協議会」の総合防災訓練が行われました。

訓練は、「突発型の東海・東南海・南海三連動地震(M8.7)が発生し、大津波警報が発表され、大津波が到達。また、余震により、配管破損が拡大しLNGが大量に漏洩後、火災が発生した。」という想定で行われました。

訓練を見学した市長は、「実戦さながらの緊張感あふれる訓練で、皆様の動きは大変機敏で素晴らしかったです。本市としても安全対策をしっかりしていきたいと思いますが、こうした想定事態に対処すべく今後もご協力をお願いします。」と述べました。

10月6日(金)スポーツ競技全国大会等出場選手激励会授与式

    市長と全国大会出場者が握手を交わす様子 市長が話される様子 市長が全国大会出場者と記念撮影する様子

スポーツの全国大会に出場する個人・団体の選手が市役所を訪れ、市長に出場を報告しました。

市長は、選手1人1人に声をかけながら激励金を手渡した後、「全国大会出場おめでとうございます。皆さんは仕事や勉強に取り組みながら、毎日一生懸命練習し、実力を備え、全国大会への出場を勝ち取られました。全国大会では、頂点を目指し、頑張ってきてください。また、こうして全国大会に出場できるのは、皆さんを日ごろから支えてくださる職場の仲間や家族、指導者の方のおかげでもあります。感謝の気持ちを心に持って、体に気をつけて頑張ってきてください。」と激励しました。

10月28日(土),29日(日)産業まつりの開催

  産業まつり舞台上にて市長がお花五アされる様子 市長がテープカットする様子 産業まつりの様子

第45回知多市産業まつりが28日()・29日()に知多市役所付近や勤労文化会館などで開催され、あいにくの雨模様でしたが、会場は朝早くから多くの市民で賑わいました。

屋外ステージでは開場式の後、知多市ジュニア吹奏楽団の演奏や、ふるさと観光大使の村屋光二さんのミニライブなどが行われ、にぎやかな音楽に来場者も足を止めて舞台を楽しまれていました。29日には、ふるさと観光大使の竹内晴奈さんのミニライブや大和哲也さんのトークショー、岡田山車まつり保存会連絡協議会(里組)や尾張万歳保存会、朝倉梯子獅子保存会によるお囃子や万歳の上演も行われました。

市長は、「今回、45回目の産業まつりを開催することができ、お礼申し上げます。今年は市のキャッチフレーズ「ちょうどいいまち 知多」にちなみ、「ちょっといいまち ちょうどいいまち 知多」というテーマで開催させていただいています。この「ちょうどいいまち」というのは、最高ではないかもしれませんが、すべてがそろっていて、住むのにちょうどいいという思いが込められています。」と挨拶されました。

お問い合わせ

秘書広報課
電話:0562-33-3151
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する