ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

2014(平成26)年度活動報告

2020年7月3日

2月17日 セントレアで雛人形の展示

今年もセントレア(中部国際空港)の入国ロビーに雛人形を展示しました。3月12日までの展示です。

雛人形.JPG

12月17日 尾張万歳実演会

国指定重要無形民俗文化財の尾張万歳の実演会が旭北小学校で行われました。

門付万歳や御殿万歳の実演を鑑賞した後は、鼓の体験をしたり七福神のポーズを一緒にしたりして楽しい時間を過ごしました。

尾張万歳実演.JPG

11月1日 ジュニアアート教室

下半期のジュニアアート教室が始まりました。この教室は、小学校4~6年生を対象に、紙粘土での作品作りや、日本画や油絵作品の制作などを行うアート教室です。

下半期第一回目は、特別企画展「宮脇綾子 アプリケでつづる暮らしの風景」(11月1日(土)~12月14日(日))にちなんで、「アプリケ」にちょうせんしました。

特別企画展開催期間中は、エントランスで作品を展示しています。ぜひ、一度お立ち寄りください。

ジュニアアート教室の様子.JPG  アプリケ作品.JPG

10月19日 綿打ち実演

「綿打ち」とは、弓の弦を弾いて綿を打つことで綿の繊維を柔らかくしてふわふわの綿にすることです。

特に、収穫した後「綿繰り」(綿と種を分ける作業)でぺちゃんこになってしまった綿には重要な作業です。

講師の丹羽正行さんは、古式唐弓綿打ち保存会の会長で、「現代の名工」にも選ばれた方です。

青空の下で綿を弾く音に耳を傾けながら、参加者たちは巧みの技に見入っていました。

綿打ち実演の様子.JPG

9月23日 シルクスクリーンにちょうせん!

博物館で開催している「版画の世界 シルクスクリーンと浮世絵」(9月13日~10月26日)との連動企画です。

シルクスクリーンでオリジナルのハンカチ作りを体験しました。

8月3日 草木染めにちょうせん!

 「タマネギ」の皮で草木染めにちょうせんしました。真っ白のトートバッグが様々な柄で彩られ、参加した子どもたちは自分だけのバッグを作りました。

草木染め.JPG 完成.JPG

 

7月26日、27日 機織り体験

昔ながらのはた織り機を使って、裂き織りのコースターを作りました。

裂き織りは、横糸に古い布を裂いた物を使って織ります。一人30分ほどでオリジナルのコースターの完成です。

はた織り体験.JPG  裂き織り.JPG

 

 

6月24日 七曲古窯の樹脂吹付工事

七曲公園にある七曲古窯を保存するための樹脂吹付工事を実施しました。古窯を見ることが出来るのは、知多市内ではここだけです。

ぜひ、一度見に行ってください。

七曲古窯(樹脂吹付).JPG  

5月29日 綿の種植え(明愛幼稚園)

明愛幼稚園の子どもたちが綿の種を植えました。10日間程度で芽が出てきます。これからの成長が楽しみです。

 

 明愛幼稚園種まきの様子.JPG

 

5月17日 サツマイモの苗植え(昔の暮らしふれあい教室)

昔の暮らしふれあい教室は、小学1年生から3年生が参加する教室です。
この日は、博物館ボランティアさんたちにサツマイモについて教えてもらったあとに、屋外展示エリアにある畑でサツマイモの苗を植えました。秋の収穫が楽しみです。

 サツマイモの苗植え.JPG

4月26日 綿の種植え(ワタワタ教室)

ジュニア教室ワタワタは、小学3年生から6年生までの子どもが、綿を育てたり糸つむぎなどをしたりする中で、知多木綿に親しんでもらうために開催されている連続講座です。
この日は、綿の種を畑に植えました。

ワタワタ教室での綿の種植えの様子.JPG

歴史民俗博物館 ふゅうとりぃ・ちた 活動報告 のページへ

お問い合わせ

歴史民俗博物館
電話:0562-33-1571
ファクシミリ:0562-33-3424
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する