ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

清掃センターへのごみ・資源の直接搬入

2019年11月12日

1 搬入場所

知多市清掃センター

所在地

知多市北浜町11-4

地図

地図

2 受入れ日と受入れ時間

月曜から金曜日

午前9時から正午と午後1時から3時30分

土曜日

午前9時から11時30分

土曜搬入時のお願い

土曜のごみの搬入は、混雑する場合がありますので、時間に余裕をもってお越しください。
なお、資源のみの搬入でもお並び頂きますので、資源のみの搬入の方は比較的空いているリサイクルプラザをご利用ください。

土曜日の清掃センターへの搬入について詳しいことは、こちらのページをご覧ください。

リサイクルプラザの場所など、詳しいことは こちらのページをご覧ください。

日曜、祝日、年末・年始

受入れは行っておりません。

平成31年度の受入れ予定日

平成31年4月から令和2年3月までの受け入れ予定日は次のとおりです。
なお、この受入日の日程は予定ですので、予告なく変更する場合がございます。ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

 平成31年度直接搬入カレンダー(PDF形式:94KB)

ゴールデンウィークや年末年始は、特に混雑することが予想されます。
資源だけの持ち込みの場合は、リサイクルプラザをご利用ください。

長期休暇期間中の受入れについて

ゴールデンウィーク

日曜、祝日、祝日と重なる土曜日、振替休日は受け入れを行っておりません。

お盆期間

山の日(祝日)以外は通常通り受入れを行っております。

年末・年始

年末につきましては、年により受入れ日が異なりますので、12月16日号「広報ちた」又はホームページでご確認ください。
年始は1月1日から3日は受入れを行っておりません。

その他

年末年始、ゴールデンウイーク、お盆期間中のごみ収集、清掃センターへの直接搬入の日程については、その都度ホームページでお知らせします。

詳しいことは こちらのページのリンクからお確かめください。

3 搬入の方法

ごみの搬入

ごみ処理依頼書が必要

ごみ処理依頼書(お持ちでない場合は、事務所にお寄りください。)に必要事項を記入し、計量窓口(受付)に提出してください。
令和元年9月までのごみ処理依頼書も使用できますが、料金が異なることをご了承ください。

ごみ処理依頼書(PDF形式:141KB)

ごみ処理依頼書記載例(PDF形式:212KB)

搬入される際は必ずごみの分別を

可燃ごみ、不燃ごみ、草木枝類、粗大ごみ、資源はそれぞれ分別し、透明もしくは半透明の袋、段ボール、ひもで縛るなどして、ごみの種類ごとにまとめて搬入してください。ごみを降ろしていただく場所が違うため、搬入時間がかかることがありますので、ご協力をお願いします。

旧指定ごみ袋(緑色の袋)もごみの搬入の際使用できます。

ただし、黒など不透明で中身が判別できない袋や、密封したダンボール箱での搬入はご遠慮ください。

搬入経路図

ごみ搬入経路図

搬入経路写真

1受付 計量1 計量2 受付3
清掃センターを入って正面に見えるのが計量窓口です。 ごみ搬入の際に「ごみ処理依頼書」をお持ちでない場合は、右手の事務所でごみ処理依頼書を記入してください。 計量窓口でカードを受取り、スロープを上って工場に向かいます。
2工場 工場1 工場2 工場3

職員の指示に従って工場の中へ車で入ります。

上りは左側通行です。

職員の指示に従い、指示された場所でごみを降ろします.

ごみを降ろしたらスロープを下り計量窓口に向かいます。

下りは右側通行です。

3計量 計量1 計量2 計量3
スロープを下り、右折すると計量窓口です。正面の資源置場ではこの時絶対に資源を降ろさないでください。 右折し、工場の横を通り過ぎると計量窓口が見えてきます。

計量窓口でカードを返却し、手数料を清算してお帰りください。

 資源の搬入

資源回収品目(資源置場で回収)

 

ダンボール、新聞、雑誌・雑紙、衣類、衣類以外の布類(タオルなど)、牛乳パック、白色トレイ、有色トレイ、プラスチック製容器(食品用)、発泡スチロール、ペットボトル、ペットボトルキャップ、アルミ・スチール缶、飲料缶以外のその他缶類(缶詰の缶など)、無色・色付き・生びんは資源置き場で回収しています。

資源置場1 資源置場2

資源回収品目の拡大

 

平成29年4月から有色トレイ、プラスチック製容器(食品用)、発泡スチロール、飲料缶以外のその他缶類など、資源回収品目の拡大を実施しました。

 

新しく回収を開始した資源については、こちらのページをご覧ください。 

平成29年度から開始した回収品目の例

廃プラスチック

 

ペットボトル、白色トレイ、有色トレイ、発泡スチロール、プラスチック製容器(食品用)は、拠点回収を行っています。

拠点回収について詳しいことは、こちらのページをご覧ください。

 

 その他缶類

 

小型家電・廃食用油・乾電池・インクカートリッジ(事務所で回収)

 

小型家電・廃食用油・インクカートリッジは事務所に直接搬入してください。

乾電池は事務所のほか資源置場でも回収しています。

 

いずれの資源、発火性危険物もリサイクルプラザでも回収を行っています。

 

また、小型家電・乾電池・インクカートリッジは市役所(小型家電、乾電池は1階エレベーター前、インクカートリッジは2階環境政策課)、八幡・東部・岡田・旭のまちづくりセンター(旧公民館)・中部公民館でも回収しています。

小型家電、乾電池、インクカートリッジ回収についての詳しいことは、こちらのページをご覧ください。

小型家電回収ボックス 乾電池回収ボックス インクカートリッジ回収ボックス

発火性危険物

発火性危険物の出し方

発火性危険物の置き場所

発火性危険物は、資源置場東側の赤いコンテナへお出しください。

発火性危険物について詳しいことは、こちらのページをご覧ください。

使用済み蛍光管などの水銀使用廃製品

蛍光灯回収ボックス

 事務所で回収をしています。蛍光管使用の器具を直接搬入で廃棄する場合は、蛍光管は器具から外して搬入してください。

 

蛍光管のほかに回収を行っている水銀使用廃製品 

・水銀体温計

・水銀温度計 

・水銀血圧計

 

 水銀使用廃製品はリサイクルプラザでも回収を行っています。

 

 使用済み水銀使用廃製品について詳しいことは、こちらのページをご覧ください、

資源の受入れ時間

ごみの受入れと同じ時間となっています。(ごみの受入れ時間外に大型作業車や危険な薬品を積載した車が走行し、大変危険な場合があるため)

リサイクルプラザでの資源の受入れは、月曜から金曜の午前9時から正午と午後1時から4時(年末・年始、祝日は受入れを行っておりません)、土曜、日曜(祝日を含む)の午前9時から11時30分資源の受入れを行っています。

地域の資源回収

各地区ごとで毎月1回資源の地域回収を実施しておりますので、そちらもご利用ください。

地域の資源回収では発火性危険物の回収は行っていますが、小型家電の回収は行っておりません。

地域の資源回収場所と回収日については、こちらのページをご覧ください。

4 ごみ処理手数料

手数料額

計量   

家庭生活から出るごみ

1回の搬入量10キログラムにつき85円(手数料計算後の10円未満の端数は切り捨て) 

事業活動から出るごみ

1回の搬入量10キログラムにつき156円(手数料計算後の10円未満の端数は切り捨て) 

資源の搬入

資源の搬入はすべて無料です。

但し、大量に出される場合は資源置場に限りがあるため、リサイクルプラザに直接搬入してください。

必ず現金(小銭)のご準備を

ごみ袋1袋の搬入でも手数料が必要

10kg以下のごみについても、ごみを搬入された時点で手数料が必要になりますので、必ず現金をご用意ください。

小銭をご用意ください

手数料精算時の混雑を避けるため、必ず小銭をご用意ください。

算出した手数料に10円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てます。

指定ごみ袋の使用は不要

 

搬入の際には、知多市の指定ごみ袋を使用していただく必要はありません。(手数料の二重徴収となってしまうため)

知多市指定ごみ袋

 

 

5 清掃センターに直接搬入できるごみ

家庭生活から出るごみ

 

粗大ごみ、またはごみが一度に多量に出る場合は収集場所には出さず、清掃センターに直接お持ち込みください。

 

家庭生活から出るごみの分別についは、平成29年3月全世帯にお配りした、ごみと資源の出し方(家庭ごみ分別一覧表)でご確認ください。

 

家庭系ごみ

事業活動から出るごみ(一般廃棄物)

商店・飲食店・工場・会社の事務所などの事業活動から出るごみは資源を含め、事業者の責任において、適正に処理してください。産業廃棄物については、こちらのページで確認をいただき、適正な処理をお願いします。

事業活動から出るごみと家庭生活から出るごみを混載して搬入される場合、料金体系が異なるため2度計量をしていただく必要があります。
また、搬入の際に混載して搬入される場合は、事業活動から出るごみと、家庭生活から出るごみを分けて積み込んできていただきますようお願いします。工場内で分別をお願いする場合があるほか、他のお客様をお待たせすることにもなりますのでご協力をお願いします。

注意事項

以前、ご商売や農業、会社で使われていたものを清掃センターで処分する場合、事業活動から発生するごみとして、搬入をお断りする場合がございます。詳しいことは清掃センターまでお尋ねください。

直接搬入の際注意が必要なごみ

家庭生活で不要になった次のものについては、清掃センターへの直接搬入は可能ですが、搬入の際は必ず職員にその旨をお伝えください。

花火

 

直接工場で職員にお渡しください。少量で水に湿らせ火が点かない状態にしたものは、可燃物収集の日にごみとして収集場所に出すことができます。

花火 
 鉄アレイ  bボウリングのボール  消火器

鉄アレー・ダンベル・ボウリングの球・消火器

 

直接工場で職員にお渡しください。パッカー車破損や工場機器トラブルの原因になりますので、収集場所には絶対に出さないでください。

6 清掃センターで処理できないごみ

清掃センターでは処理できないごみ

詳細について

 清掃センターで処理できないごみについて詳しいことは、こちらのページをご覧ください。 

7 直接搬入される際の注意事項

安全の確保

工場内での注意事項

・プラットホーム内は危険ですので、お子さんや高齢者の方を車外に出さないでください。

・プラットホーム内は、一方通行です。徐行してください。

・プラットホーム内は滑りやすいので、滑りにくい靴を履いてお越しください。

危険行為の禁止

・投入口にある車止の上には、絶対に乗らないでください。

・パッカー車・ダンプ車から直接ごみをピットへダンピングする場合は、安全のため必ずチェーンロックをお願いします。

・トラックの荷台に乗って草木等の搬出は、危険ですので行わないでください。

現金・貴重品

・現金、貴重品等を捨てないよう十分ご注意ください。一度ごみピットに入れてしまうと、探すことは不可能です。

その他

・その他、係員の指示・誘導に従って、落ち着いて行動してください。

8 清掃センターに直接ごみが搬入できない場合

家庭から出る粗大ごみは市の収集で

チラシなどの宣伝で、「家庭で不要になった家具等粗大ごみを格安で処分します」や「無料引取りします」としながら実際には高額な処理料金を請求する廃品回収業者がいます。
家庭から出る粗大ごみは、業者が単独で処理料金を取って処分することはできません。
粗大ごみは、戸別収集をご利用ください。

無許可の回収業者を利用しないでください。(環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室のホームページ) (新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

戸別収集 

たんす・ソファーなど家庭の粗大ごみを自分で運ぶことが困難な場合、有料で予約制の「戸別収集」の制度をご利用ください。

制度の詳しい内容はこちらのページをご覧ください。

9 ごみ処理手数料の免除

 次の各号のいずれかに該当するごみを清掃センターに搬入する場合は、申請によりごみ処理手数料が免除となります。ただし、市で処理できないごみは除きます。

(1) 市内各地区又はコミュニティが実施する事業から発生するごみ(個人宅の草刈及び家財の処分等を行う事業から発生するごみを除く。)

(2) 市内の公共施設等(一般市民が自由に出入りできる場所又は施設を含む。)の環境美化を目的とした清掃のボランティア活動により発生するごみ

(3) 不法投棄されたごみ(警察署への通報をした場合に限る。)

(4) 火災、震災、風水害等の災害により発生したごみ(罹災証明又はこれに準ずる証明を添付した場合に限る。証明はコピーでも可。なお、戸別収集は除く。)

(5) 市内で不正栽培又は自生している大麻・けしの除去活動により発生するごみ

申請続き

搬入ごとに免除申請が必要です。

片付け、整理等が一定期間継続する場合は、1か月単位で申請書を提出することができます。

注意事項

免除申請により搬入されるごみは、戸別収集の対象外ですのでご注意ください。

清掃センターで処理できないごみについても、搬入はお断りしております。

清掃センターで処理できないごみについて詳しいことは、こちらのページをご覧ください。

 

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

清掃センター
電話:0562-32-5300
ファクシミリ:0562-32-6235
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する