ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

農村の保全管理 たん水防除事業

2019年5月21日

この事業は、大草地区において、新川流域の排水流出量の増大及び大草排水機場の老朽化による農地の水害防止を図るため、排水機場施設の更新を愛知県を事業主として平成7年度から実施し、平成15年度に完了しました。

大草地区たん水防除事業概要図

大草地区たん水防除事業概要図

この地区は全体的に海抜が低いため、たびたび大雨による冠水の被害が発生し、平成12年の東海豪雨では付近一帯が水没し、家屋の浸水や道路、田畑の冠水が起こりました。

旭南地区の冠水状況の写真
平成12年9月12日冠水状況(旭南地区)

新排水機場は、それまでの約2.5倍の排水能力があり、被害の発生を最小限度に止められるものと期待され、平成14年2月から運転を開始しました。

大草排水機場の概要

エンジンポンプ
内径1000ミリ×130パワー×1台

モーターポンプ
内径900ミリ×75キロワット×1台

水中ポンプ
内径700ミリ×75キロワット×1台

排水能力合計 毎秒5.16トン

大草排水機場の写真

エンジンポンプの写真
エンジンポンプ

モーターポンプの写真
モーターポンプ

水中ポンプ.JPG
モーターポンプ

 

お問い合わせ

農業振興課
電話:0562-36-2666
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する